事業報告

ファンクショナルフードアドバイザー養成講座1回目開催

2017年8月21日 機能性食品の専門家を養成するファンクショナルフードアドバイザー養成講座を開催しました。

神戸市 ひょうご女性交流館   参加者25名

 食と栄養についての専門家である栄養士を対象に、機能性食品についての理解を深め、正しい情報を発信する専門家を養成することを目的に、ファンクショナルフードアドバイザー養成講座の1回目を開催しました。
 25名の参加者が機能性食品とは何か? 栄養学の体系にどのように位置づけられるのか? どのような成分や機能があるのか? について神戸大学大学院農学研究科山下特任助教からの講義を受けました。
 後半は、機能性表示食品を製造・販売する食品メーカーの担当者を招き、製造・販売の現場や機能性表示食品市場の現状について話を聞きました。
 健康な食生活への関心や、正確な情報を求めるニーズは高まっており、食に関わる専門家として栄養士の役割はますます重要になると思われます。

ページのトップへ