協議会について

広報普及事業

1.環境創造型農業による黒大豆生産量の増加

a. 生産者、農業改良普及員への講習会と人材育成

黒大豆栽培に関わる生産者、農業改良普及員、ひょうご安心ブランド認証農産物の生産者、兼業農家や家庭菜園を実施する者を対象に講習会や実習を実施しています。

b. 黒大豆以外の農産物での調査、栽培方法の確立、普及を促進

黒大豆以外の農産物での機能性成分含量についての調査を実施し、栽培方法の確立と普及を促進しています。

2. 各種専門分野における講習会の開催と人材育成

生産者、農業改良普及員、管理栄養士、調理師、食生活改善推進員、流通業者、加工業者等の各分野専門家に対して、機能性食品成分に関するセミナーと実習を開催し、専門家の知識・技術向上のための人材育成を行っています。

a. ファンクショナルフードアドバイザー(仮称)認定制度の創設

兵庫県栄養士会での専門認定制度を予定しており、そのためのセミナーを開催します。本認定を受けた栄養士は、栄養ケアステーションに登録し、随時料理セミナーや啓発プロモーションに派遣できる体制を整備します。

b. まちのヘルス食育サポーター(仮称)の創設

地域で食育や食生活改善の普及活動を実践している団体(食生活改善推進員いずみ会・婦人会・生活協同組合員グループ等)の所属者対象とした、機能性食品に関するセミナーを実施し、まちのヘルス食育サポーターとして、機能性食品の啓蒙・普及を実践できる担い手の人材育成を行います。

c. 調理師対象セミナー・料理教室の開催

機能性を担保した加工品開発や店舗での利用量向上のためにセミナーを開催し、人材育成を行っています。

流通業者・加工業者対象ビジネスメリットセミナーの開催

機能性食品に焦点を当てた健康な食生活に関する情報発信やメニュー・レシピの提案・提供が商業的価値に繋がることを啓発しています。

3.店舗・飲食店を活用した一般消費者対象セミナー・イベントの開催

a. 一般消費者対象セミナーの開催

当協議会の活動を通じて育成された専門家を中心に、一般消費者に向けた機能性食品についてのセミナーや店頭(スーパー・デーパート等の量販店)での普及プロモーションを行い、認知度ならびに消費量の向上を図っています。

b. 機能性農産物をテーマにしたイベントの開催

生産者、加工品開発者、一般消費者が一堂に会する試食・交流イベントを開催し、機能性農産物やその加工品の試食と異なる立場の人々の交流を通じて、啓蒙・普及を図っています。

4.食育プログラムの実践

a. 一般消費者向け学習会の開催

機能性食品成分ならびに健全な日本型食生活に関する食育実践プログラム(講習会、料理教室、実習、体験学習等)を開催しています。

b. ヘルスアップ倶楽部(仮称)の創設

一般消費者が参画する、ヘルスアップ倶楽部(仮称)を新たに創設し、機能性食品成分に関する情報、レシピ、購買・飲食可能な店舗情報等を提供するとともに、実施体験(SNSへの作りましたレポート、売り場発見レポート、食べてきましたレポートなど)や情報交換の場を設けてきます。機能性食品を日常的に意識した健康な食生活実践運動のプラットホームを構築していきます。

c. モバイル端末等を活用した健康都市運動のプラットホーム構築

SNSやアプリ等を活用し、これらを利用することに利用者が有用性を感じられる仕組みを整備していきます。これにより、機能性食品を意識した健康な食生活の実践に取り組む一般消費者、協力する生産者、量販店、飲食店、加工業者が自発的に継続的な地域健康都市づくり運動に参画し、運動のさらなる普及と発展を目指します。そのために、各種専門家あるいは消費者対象の様々なセミナーやイベント等を通じて収集する情報やアンケートに基づき、目的を達成できるソリューションのあり方を探ります。

ページのトップへ