協議会について

メニュー等の開発事業

1. メニュー・レシピの開発と作成

管理栄養士と調理師が主体となり、協力企業・協力組織とともに、さまざまなニーズに対応した、機能性農産物を日常的に摂取しやすいメニュー・レシピを考案します。

効率的・継続的に実践可能なメニュー・レシピ開発にむけて、惣菜メーカーや中食産業などの食品加工業を営む企業及び地域の食に関わる組織(栄養士団体、食生活改善推進員、フードコーディネーター、野菜ソムリエ等々)といった協力企業・協力組織とのコラボレーションを進めています。

2. 加工品の開発と作成

食品加工業者が主体となり、協議会外部の食品加工業者とも協力して、機能性成分を担保する加工品・惣菜の開発をおこなっています。

調理が簡便で汎用性、応用性、ならびに保存性の高い商品の販売に向けて開発を進めています。

ページのトップへ